発達凸凹息子との学習や生活あれこれ

小学校5年(中学3年になりました)の発達凸凹の子供とのかかわりで工夫したことや感じたことの記録。子供との関わりも含め。が、母親としてだけでなく、自分の好きなことをしようとか、自分で楽しかったな、面白かったなと日記のような、思うことも書いています。この頃そっちのほうが多いかも(笑)

村岡花子と戸田奈津子は似ている気がする

こんばんは ずんだです。

 

赤毛のアンの話題で。

 

赤毛のアンになると、

おばちゃんが、少女の着ぐるみかぶって

三つ編みのおさげつけていて、申し訳ありません(笑)

 

感性がマリラ寄りになる。

というのはわかる気がします。

アルプスの少女ハイジで(またアニメですみません)

昔は、ハイジの気持ちで見て、

ロッテンマイヤー、やな女とおもっていましたけど、

いまは、ロッテンマイヤーの気持ちの方がわかる。

 

私は村岡さんの訳も好きです。

あの当時、彼女は戦時中頃にあの本を訳しました。

彼女は、先生に外人さんが多い学校で英語を学びましたが、

基本海外経験がなく、翻訳をしていたので、

誤訳とかもあったようで、

で、なぜか?マシュウの死後のマリラの告白がすっぽり抜けているというか

三行ぐらいで終わってます。

それはどうしてだったのかは謎ですが。

が、見たこともない食べ物や場所を訳すのって

それこそアンのような想像力で訳していたんだと思います。

彼女の言葉の使い方とか、

古き良き時代みたいなのが感じられます

(お前何様のつもりだ!←俺様だ)

 

そういえば、、、

戸田奈津子さまも、パイオニアという意味では

私、好きなのですけど、

彼女も誤訳が多いとか

 

二人とも、多分アバウトというか、

感性で訳しているという気がします。

好きでやっていたのではないかと。

 

そういえば、トップガンマーヴェリックで、

こう、うさん臭い、トム・クルーズ達が戦っている国家を

戸田奈津子さんが

ならず者国家と訳していたのだけど、

あの訳は、

彼女じゃないとできない訳なのかなと

すごく納得しました。

 

そういえば。。

ヒット曲って、

10人に3人嫌だっていう人がいる曲がヒット曲になることが多いそうです。

あまり意味はありませんが。

 

この頃、書きたいことがいっぱいで、

下書きが、書きかけでいっぱいになっている、

一気に書き抜かないと、

書けない体質で。

 

読んでもらってありがとうございます。